大きくする 標準 小さくする

複勝・3連複連動理論(V3.0)

【5】 複勝・3連複連動理論

投稿日時:2016/07/15(金) 18:00

【5】 複勝・3連複連動理論

「複勝・3連複連動理論」では、複勝の最低オッズの1倍台の競走馬が何頭いるかによって購入する馬券の買い方を決定します。

 過去の3連複発売レースでは次のような分布になっています。

 

201607151804_1.png

 

 

201607151804_1.jpg

 

・この画面が、本ソフトの目的である「複勝・3連複連動理論」の予想画面になります。

・7頭立て以下の場合は、過去のデータが少ないので予想をしません。

・画面の上部には「複勝1倍台」、「複勝2倍台」~「複勝10倍台」、の競走馬の馬番を表示しています。

 

・このレースのように複勝オッズ1倍台が3頭というレースが一番多いのですが、その3頭で1~3着となる確率は8.8%です。これを「パターン111」と呼びます。

・複勝1倍台が3頭というレースでは、複勝オッズ1倍台2頭が3着以内に入り、2倍台以上の1頭が3着以内に入る「パターン11X」が一番多く45.8%もあります。

・複勝オッズ1倍台1頭だけが3着以内に入り、2倍台以上の2頭が3着以内に入るのが「パターン1XX」です。その確率は意外に高くて38.5%です。

・複勝オッズ2倍台以上の3頭が3着以内に入るのが「パターンXXX」です。複勝オッズ1倍台3頭の場合は、その確率は6.9%です。

 

・各パターンごとに原則として3連複のオッズが少ない順に組番とオッズが表示されます。

・カッコ内は他の馬券の購入状況から3連複の適正オッズを計算し、その比を表示したものです。

1.0より大きいものは背景をピンクで表示してあります。

 

・各パターンごとにオッズ別回収率を集計してあります。例えば複勝オッズ1倍台3頭の場合のオッズ別回収率

は次のページに紹介しました。このような回収率を参考にして購入馬券を決定します。

(2倍~5倍台と8倍~20倍台を候補としてあります。)

 

・背景色が灰色のものは参考組番とオッズで予想組番は馬番のボタンの背景を各枠の色にしてあります。

 

 

 

 

 

201607151804_2.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               ▲複勝1倍台3頭のパターン111のオッズ別回収率

 

他のパターンの回収率などについてはHPで紹介していきます。

http://3renpuku.d2.r-cms.jp/

 

なお、同じ日に福島競馬場で行われた七夕賞については複勝1倍台が1頭もいなくて予想結果が表示うじされませんでした。

 

 

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
39f2da4211ad48fc618ed9c5dc4b0796.png?1527135940
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

トラックバック一覧

<< 2018年5月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログテーマ